アルテ | Arte - Hands of my wife -

アルテ


僕は妻の手が好きだ
美しいというにはほど遠い
少女みたいに小さくて
お婆ちゃんみたいに皺だらけの手

細く長い指でもない
綺麗なマニキュアも塗れない
一年中傷だらけで
絆創膏が必需品
ゴム手袋なしでは皿洗いも出来ない

でも妻はその手を誇らしげに見せる
「私の手には何か物語がありそうでしょ?」
僕はその物語を想像しながら
そこに在る手の一瞬を
頼りない四角に閉じ込める

ただ自然に日々を紡ぎ
ただ何気なく手を繋ぐ
そんな僕らだけの奇跡の日常に
感謝の気持ちを込めて・・・